4.引越後始末編 その2

引っ越しの後にしなければならないこと。

予定では、搬入が済んだらすぐに、役所に行って転入手続きをして、その他郵便局や警察に行って住所変更をするつもりでした。
しかし、搬入を終えた頃には、既に外は真っ暗、役所はとっくに閉まっている時間。
翌日からはキッチリ土曜まで出勤で、手続き関係は次の休み、翌週の月曜に持ち越されました。

つまり、ここでも前回の教訓を活かせなかったことに。
住所不定期間はなるべく作らない、という教訓を。

折しも、世間では景気の悪化が深刻化し、急に解雇されて寮まで追い出された派遣労働者が続出、『住所不定の派遣社員』というのが話題になっていて。
私も派遣で仕事してて、住所不定になっちゃった。もしや私も『住所不定の派遣社員』ですか。
いや解雇はされてないけど。
職場ではむしろネタにしてたくらいで。
でも間違っても急に何か事故に巻き込まれてニュースで話題になったりしないように、この住所不定期間はちょっと行動が慎重になってました。

そして、翌日から少しずつ荷物を開梱して部屋を整えながら、身の回りにはコレといったアクシデントも起こらずに次の休みまで無事乗り切って、ようやく役所へ行って手続きをして、晴れて地域の住民となることができました。これでやっと本当に落ち着けたという実感が持てました。
[PR]
by annaworks | 2010-09-21 00:24 | 続・ひっこし顛末記
<< 4.引越後始末編 その3 4.引越後始末編 その1 >>