<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

3.各種手続き編 その2

マンションは買ったものなので家賃はありませんが、管理費はしっかり取られます。
まあ、普通に銀行から毎月引き落とされるわけですが、指定の銀行は私がいつも
使っているところではなかったため、新規に口座を開設することになりました。

しかし、私は順番を間違えました。
引越し翌日(のはずが中日)の月曜日。午前休をとってあって、当初の予定では
それまで住んでいた地域のお役所に行って転出手続きをして、その後、これから
住む地域の役所で転入手続きをする筈でした。それを、時間の都合上、転出手続き
した後、転入届は後日にまわし、会社の近くの銀行へ口座開設をしに行ってしまい
ました。
でも、この状態では、私は住所不定。
なので、その日は口座開設できませんでした。

もう、何度思い起こすもアホとしか言いようがないです。転出したことなんて
言わなきゃわかんないわけだし、口座開設も急ぐ必要は無かったのだし。
銀行については、その日に口座作らないと管理費の引落が1ヵ月遅れるので早くしろと
母にやたらと主張され、鬱陶しいので言われたとおりにしてしまったのですが。
もうちょっとよく考えればよかった。

教訓(というより常識)
住所不定期間はなるべく作らないこと。

結局、せっかくとった午前休のあいだに済ませたのは転出届のみ。転入届は次の日の
火曜の午後、イヤな気分で二度目の荷物運びを終えた後でした。火曜日は雨で、
役所へ行くのも傘をさして徒歩15分。そしてその後警察へ行って運転免許の住所
変更手続き、さらに郵便局へ行って郵便物の転送依頼をしました。どの手続きも、
5年前よりチェックが厳しくなっていたように感じました。便利になった分、
厳しくする必要があるのですね。

それ以外にも、クレジットカードやらいつもの銀行やら、住所変更手続きの必要な
ものはいくつもあったのですが、特別急ぐ必要もなく、その日はやる気も失せて
いたので、後日思い立った時に一つずつ片付けていきました。

日曜の午後から、どうもうまくいかないことが続き、引越し自体を呪いたいような
投げやりな気分になっていましたが、その日はロケット打ち上げ成功などの明るい
ニュースがいくつかあったおかげで、やっと気分もおちついて1日を終えることが
できたのでした。

…銀行の口座開設は、次の日の水曜日、出勤前の短い時間に銀行へ駆け込んで
手続きをしました。いくつかあるカードの種類と用途などの説明がクドクドと
始まりそうになりましたが、急いでいることを伝えてさっさと手続きをして
もらいました。身分さえしっかりわかれば、早いモンです。

次はアパート開け渡し編。
[PR]
by annaworks | 2006-01-25 03:40 | ひっこし顛末記

3.各種手続き編 その1

ちょっと時間を戻しまして。引越しがほぼ決定になると、転居の際に必要な
手続きをいろいろしなければなりません。

まずは、それまで住んでいたアパートを出ることを、大家さんに電話で伝える。
次に、実際の引越し日が決まったうえで、公共料金の解約をする。私は電話が
ちょっと苦手なので、できるだけ郵送かネットで済ませたいと思ってたら、
電気、水道、ガス、NHKはネットで手続きできました。5年前、アパートに
引越して来た時は、各加入手続きはネットじゃまだできなかったので、ちょっと
時間の流れを感じたりしました。
さすがにNTTだけは電話でした。引越し先はNTTでなくケーブルネットの
IP電話なので、加入権を所持しつつ利用休止という手続きになりました。
こういう手続きには、まず116番に掛けるのですが、ケーブルネットの回線では、
この116番が使えず、ちょっと焦りました。(時報は使えますが。)結局、実家の
電話(NTT回線)を使いました。
インターネットは、アパートで使っていたADSLを解約、引越し先はケーブル
ネット利用なので、電話・CSTVと一緒に工事してもらいました。

予定では日曜に引越しを終えて、月曜の午前休でお役所関連の手続きをして、
全て終了のはずだったんだけど。長々と書いてきたように、そうはならなかった
わけで。加えて、またひとつ面倒なことが。

続く。
[PR]
by annaworks | 2006-01-12 02:01 | ひっこし顛末記

2.引越し作業編 その11

二度目の発送

やっぱり、急いでかき集めたトラックと作業員。二度目で荷物少ないのに、
前と同じ2トン車ロングが到着。作業員も、二人のうち1人はまあいいんだけど、
もう1人がどうもヤル気なさそう。
何度も聞いた「コレお客さんやってくれませんか」のセリフ。
普通言うか?前に来てくれた二人は一度も言わなかったぞ。
下に敷いていたイグサマットを丸める作業も客にやらせるか。
まあともかく、私としてはモノを運んでもらえればいいので、お互いに事務的な
会話のみで作業終了。
ところが、トラック発車間際になって、天井についてる照明を積み忘れた事に
気づいたので、急いで呼び止めたんだけど。

届かないって?だから運べない、とは口には出さなくとも、いかにも面倒くさいと
いうジェスチャーをしくさる。丸イスがあったはずだと言うと、先にトラックに
積んじゃったから出せないとか言うし。
普通、引越し屋さんなんだから、脚立くらい常備してるもんじゃないの?
アンタもっと背が高かったらよかったのにねー(その人背が低めだった)、と
喉まで出かかったけどそれは押えて、でも私も半分キレかけてたので、
じゃ私がイス出すわよ、と玄関を出ようとしたところでもう1人の人が様子を見に
入って来て、結局その人が馬になり、ヤルキナシオ君が上に乗ってどうにか
照明を取り外しました。外す時も、素手で蛍光灯さわって熱がってるし。
軍手くらい持っててよ、引越し屋さんなんだから。

もう一度忘れ物は無いかどうか確認して、やっとトラックが発車したと思ったら、
狭い道を曲がれず何度も切りかえし、向かいの家の木の枝が折れそうになるし、
ヒヤヒヤしながらやっとこさで走っていきました。前に来た二人はスルっと
出て行ったのになー。

教訓その3
引越業者は慎重に選ぶべし。

ええ、当たり前ですが。どうも、引越しサイトで一括見積もり依頼して、いろんな
業者の見積もり金額見てるうちに、どこも似たように見えてきちゃうモンだけど、
こういうちょっとしたアクシデントがあると、差が顕著に現われるのですね。

今回も私は電車で引越し先へ向かいましたが、着いたのはトラックとほとんど同時
でした。そしてやっぱり事務的な会話のみで作業を終えて、私がお金払って
サインしたらとっとと帰って行きました。

以上で引越し作業編は終わり。
しかし火曜日の午後へ続く。
[PR]
by annaworks | 2006-01-07 02:03 | ひっこし顛末記