<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

5.マンション片づけ編 その4

実家に置いたままのモノの整理については、今回の引っ越しよりもずっと前、
家を出てアパートに住み始めた頃から頭の端に引っ掛かっていました。
特に、押入の中身。
階段下に位置した三角の使いにくい形をしていましたが、古いテレビラック
兼チェストを中に置いたり、上の方に棒を渡して引っかけるところを作ったりして
スペースを有効利用出来るように工夫していました。つまりここにも大量のモノが
詰まっていたわけで、中身の整理は1日2日じゃ片付かないことは明らかでした。
アパートと実家は電車で急行一駅の距離で、月に一度位は顔を出しに行ってたので、
行く度に少しずつ作業していれば、一年もすればきれいさっぱり片付く筈、
だったのですが。

家を出た後の元自分の部屋、その後はすっかり父の部屋になりました。しかも、
押入の前のテーブルにパソコンが置かれ、父がインターネットにハマり出して
休日はほとんどパソコンの前から動かなくなってしまったので、押入を開けることすら
困難になり、たまに実家に顔を出しに行ったついでにちょっと作業するわけにも
いかなくなってしまいました。
差し迫った期限もないのでズルズルと先延ばしになり、結局アパートに住んでいた
五年間はほとんど手付かずでした。いや、ちょっと手を伸ばして押入の戸を少し開けて
中を覗いてみたことは何度かありましたが、そのたびに、自分の物以外のモノが新たに
詰め込まれていってました。
他の人の話でも、家を出た後の元自分の部屋は、いつの間にか倉庫のように
なってしまうというのが定説らしく、私の部屋も押入の外側は兄の物で侵食されそうに
なりましたが、逆に父が部屋を使ってくれたおかげで、倉庫化を免れたのかもしれません。

…元々倉庫のような部屋だっただろう、と言われれば、否定はできませんが…
[PR]
by annaworks | 2008-02-14 00:22 | ひっこし顛末記