<   2009年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

1.部屋探し編その9

内見2件終えたところで。といっても、まだ二件目の部屋の中で。

どうしますか、と、案内役のお姉さんに問われ。
私はここでひとつ決断をしなければなりません。
今見た2件のうちのどちらかに決めるか、それとも3件目を見に行くか。

どうも、仲介屋のお兄さん(茶髪の方)、3件目の物件は極力見せたくないようで、もし先に見た2件のうちどちらか気に入ったら、3件目は見なくてもいいですよね、なんて出かける前に話していたのです。
まあ何か事情があるんだとは思いますが、私としては見るだけは見てみたいなーとも思いつつ、うっかりハイと返事をしてしまっていました。

1件目結構気に入った、2件目広い、3件目は…書類上で既に三番手で、しかも不動産屋の目で見てあまりお勧めでない、となると。

しかし、実際に引越しするのはまだあと一ヶ月くらい先の予定にしてたわけで、今すぐどれかに決めなければならないわけでもなく。

だけど、元々はもう一件、もっと気に入っていた物件があったのに、先に他の人の手に渡ってしまっていることもあり。

「決めてしまえ」「いや待て」の二つが頭の中でせめぎあい。

案内役のお姉さんの前で、「んーどうしよう~んー」なんて言いながら、もういちど部屋の中をぐるりとまわってみたところで。

決断。
3件目を見にいくのはやめました。
そして。
この日の最初に見た物件に決めました。1件目の、同じ間取りの二つのうちでは、先に見た方。

やっぱり中も外もきれいだったことと、ほんの2-3分だけど駅から近かったこと。
しかし、決め手になったのはむしろ、2件目は広すぎる、と思ったこと。

元々モノの多い私のことですから、部屋が広いとその分、さらにモノを増やしてしまいかねないわけです。
しかし、3年前の引越しで、一人暮らしのクセに2tLサイズのトラックに荷物を積みきれなかったという前歴があり、できるだけモノを増やさない生活をしなきゃいかんぞ、とその時しみじみと感じていたわけで。
なので、今回決めた部屋は、ワンルームでも8畳くらいはあって、特別狭いわけでもないので、これ以上モノを増やさないためには、私としては限界の広さかと思うわけですよ。

他にも、案内役のお姉さんと、友達みたいにおしゃべりしながら物件についてあれこれ感想を言い合ったりして楽しかったし、仲介屋のお兄さんも真面目に対応してくれたしで、このお店で決めたいとも思ったのでした。

1件目に決めたことを、案内役のお姉さんを通して携帯で伝えた後、また電車でお店へ戻ってお姉さんとはそこでサヨウナラ。そして部屋を借りるための諸手続きを行いました。

さて、このあとは本契約、そして引越しです。
[PR]
by annaworks | 2009-09-02 00:07 | 続・ひっこし顛末記