<   2009年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2.手続き編 その1

さて、物件を決めた、といっても、それは不動産の仲介屋さんでの話。
ここからは物件の持ち主、つまり大家さんにokを出してもらって、はじめて正式に決まったことになります。

大家さんの立場としては、家賃を滞納したり迷惑なことばかりやるような人は当然お断りですので、大抵は勤め先や年収等を申告して簡単な審査を受けます。まあ、普通に仕事していればNGになることはまずありませんが。
あとは連帯保証人。若い人の場合は親に頼むのが普通ですが、私は父はとうに定年を過ぎて年金生活満喫中、なので兄に頼むことにしました。

物件の内見の後、仲介屋さんへ戻って必要書類を記入して提出し、後日、手付け金(多分仲介料にあたります)を振り込んだり、地元不動産屋のお兄ちゃんからの問い合わせに答えたりといった経過を経て、無事、大家さんの審査を通過しました。
そして次が、本契約です。
[PR]
by annaworks | 2009-10-24 12:39 | 続・ひっこし顛末記