<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

3.引越作業編 その4

荷造りです。

引越屋さんから送られてきたダンボール箱に加え、今までの通販の箱などもたくさんとっておいてあったし、棚においてある本はほとんどファイルボックスに入っていて、手芸材料や道具なども、小箱に収納してあったので、荷造りは楽勝!のつもりでしたが、やっぱりそうはいきませんでした。

前回の引越しから、雑誌やコミックスなどいくらか古本屋に出したし、着ない服もさらに整理したし、その後も服や本や布はあまり買わないようにしていたつもりだったから、いくらか実家から持ってきたものがあったとしても、モノは多少減ってる筈で、そのつもりで箱の数を見積もっていたのですが、思ったほど減ってはいなかったようで。
結局、用意してあった箱だけでは足りず、隣の兄の物置になっている部屋から、兄が引越で使って空いた箱を勝手にもらって使い、さらには中身がまだ少し入ってる箱も、中身を出して使って、箱に入れなくてもなんとかなりそうな物は大きなビニール袋に入れて。

しかし、箱が足りなくなって、予想よりも荷物が多かったという事を証明されてしまったということは。
荷造りを進めていくにつれ、箱がどんどん積み上がっていく様子を見て、じわじわと前回の悪夢が甦ってくるのを意識しないようにしながら、作業を続けていきましたが。

a0041296_2352920.jpg
(引越し2日前の夜に撮影)

積み上がる箱。畳の大きさとトラックの大きさを比較して…
トラックの高さってどのくらいだっけ、と考えてしまっている時点で既に危険。
[PR]
by annaworks | 2010-02-27 11:28 | 続・ひっこし顛末記

3.引越作業編 その3

新しい部屋の寸法を計ったら、今度は持って行く家具類の寸法計測。

今まで家具を選ぶ時は、幅や奥行きは二種類位に揃えて買うことにしていたので、大体の寸法はわかっていますが、今度はベッドという大きな家具を増やさなきゃいけないので(今まで寝る部屋は和室だったので、ベッドは使っていなかったのですが、今度はフローリングなのです)なるべく正確に計っておきました。

しかし、部屋自体は今までのマンションより少し広くなったとは言え、ベッドを丸ごと置ける程には広くなってはいないので、ベッドは高さ1メートル位のロフトベッドを買うことにしました。ベッドの下に、衣装ケースなどを置いて、押入のように使います。

このベッドと、今使っている家具とを、5ミリ方眼用紙に1/10の縮寸で配置していきました。
といっても、今までのマンションとの違いは、入口の位置と部屋の長さくらいなので、その点だけちょっと頭を使ったくらいで、基本的には今までとはあまり変えない配置で収まりました。
家具の配置にあまり悩まずにすんだところで、あとはひたすら荷造りです。
[PR]
by annaworks | 2010-02-18 20:13 | 続・ひっこし顛末記