<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

4.引越後始末編 その3

ところで。

父が最初に新しいマンションへ来た時に一言。

「ここの床はあまり硬くないなあ。」

言われてみれば、確かにそうです。
前のマンションでは、裸足で立ってるだけでも硬さが足に伝わってくるのに、今度はそれがない。
それに、突っ張り式のスチールラックを天井に突っ張ろうとしたら、天井がぺこ、って。。。
もしかしてこのマンション、床も天井も壁も薄いかも?

a0041296_1902078.jpg
築21年のワンルームは蚊取り線香型電熱線コンロ。
結構熱くなるんだぞ、と、なぜかそういう事に詳しい父でした。

後から聞いた話によれば、やっぱりマンションでも分譲と賃貸では造りが違うのだとか。
でも、目の前の大通りには大型のトラックや観光バスなんかも頻繁に通るのに、揺れは全くありません。
基礎はしっかりしているようなので、夜中の地震では必ず目を覚ますのに台風や雷の音では目を覚まさない私としては、多少内装が安っぽい造りでも、あまり問題はありません。
そのおかげで多少家賃が安く設定されているのであれば、むしろありがたいくらい。
うまく、自分に合った物件に出逢えたようです。

周辺にはコンビニやスーパー、安いうどん屋、蕎麦屋、薬局もあって、電車も複数駅利用可能。
一人暮らしにはこれ以上ないくらい、いい環境。
あまりオシャレなイメージがある地域ではないけど、決して治安が悪いわけではないので、イメージにさえこだわらなければ問題なし。
便利な割には家賃低めだし。
私の今の月収でギリギリ払えるくらいではありますが、余程の事がない限り、ここは動かないつもりです。

引っ越しも、当分は御免です。

-完-
[PR]
by annaworks | 2010-09-25 19:07 | 続・ひっこし顛末記

4.引越後始末編 その2

引っ越しの後にしなければならないこと。

予定では、搬入が済んだらすぐに、役所に行って転入手続きをして、その他郵便局や警察に行って住所変更をするつもりでした。
しかし、搬入を終えた頃には、既に外は真っ暗、役所はとっくに閉まっている時間。
翌日からはキッチリ土曜まで出勤で、手続き関係は次の休み、翌週の月曜に持ち越されました。

つまり、ここでも前回の教訓を活かせなかったことに。
住所不定期間はなるべく作らない、という教訓を。

折しも、世間では景気の悪化が深刻化し、急に解雇されて寮まで追い出された派遣労働者が続出、『住所不定の派遣社員』というのが話題になっていて。
私も派遣で仕事してて、住所不定になっちゃった。もしや私も『住所不定の派遣社員』ですか。
いや解雇はされてないけど。
職場ではむしろネタにしてたくらいで。
でも間違っても急に何か事故に巻き込まれてニュースで話題になったりしないように、この住所不定期間はちょっと行動が慎重になってました。

そして、翌日から少しずつ荷物を開梱して部屋を整えながら、身の回りにはコレといったアクシデントも起こらずに次の休みまで無事乗り切って、ようやく役所へ行って手続きをして、晴れて地域の住民となることができました。これでやっと本当に落ち着けたという実感が持てました。
[PR]
by annaworks | 2010-09-21 00:24 | 続・ひっこし顛末記

4.引越後始末編 その1

搬入が済んだら、箱をどんどん開けて行きたいところですが。
今回もまた、もう一度元のマンションに戻ってやり残した事を片付けに行きました。

一番の目的は、パソコンのデータ移行。
それまで使っていたパソコンは、兄が中古で買ってきた激安パソコンだったので、システムが古い上に、大きさもかなり大きくて、引っ越しを機に小さめのノートPCに買い換えたんでした。
古いPCは置いていくので、中身だけ、新しいパソコンへ。あと、せっかくノートPCにするからにはモバイル接続もできるようにEモバにも加入したのでそのあたりの接続確認も。
そんなことくらい、引っ越しの前にやっておけばよかったんだけど、荷造りで手一杯だったし。
逆に、置いていった古いPCはいつ処分されるかわからないので、データ移行は早急に済ませておく必要もあったし。

新しいマンションはインターネットの接続工事が一週間後なので、そのあいだはモバイル接続が早速役にたってくれます。
PCはもう一台、古いImacもあって、本当はこっちも買い換えたいところだけど、さすがに資金不足でまたいつか。

あとは軽く掃除して、運び忘れた物がないか再度確認して、元のマンションを出て新しい部屋へ。

今回は、元のマンションはこの後実家になる予定で、また何度も訪れることになるから、前回の引っ越しのようにアパートをすっかり引き払ってお別れするわけでもないので、そういう種類の感慨は起こらないのだけど、見積を誤ったあの大量の荷物を、危ういところではあったけども一応ちゃんと一度で運び終えたという安堵感と達成感を、大きく味わっていました。

翌日からは、新しいマンションから出勤です。

まだ続きます。
[PR]
by annaworks | 2010-09-11 11:20 | 続・ひっこし顛末記