<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5.続・ひっこし番外編 実家の引越 下

実家から自分のものをすっかり引き揚げたあとは、特に私が実家の引越しに関わる必要は無く。
母が少しずつ、運ぶものの梱包を進めて。

いざ、実家の引っ越し当日。

たかだか徒歩8分程度でも、大量物の移動となれば、やっぱり引越し屋さんを頼みました。
モノの運搬よりも、不要物の処分の方がタイヘンだということがわかった時点で、
母は引っ越しと一緒に不要物の廃棄もまとめてやってくれる業者に頼んでいました。

当日は、母が業者さんへいろいろ指示し、兄はなぜか不在、父は邪魔にならないところで待機。
私はたまたま仕事が休みで、行く必要も無いかと思ったけど、一応作業が半分くらい進んだところで合流して、旧実家の留守番&連絡係。

私が旧実家の方に着いたときは、運ぶものはほとんどトラックに積まれていて、部屋には不要なものと運び忘れたものが残っているという状態。
でも、、、部屋にはまだまだたくさんのものが置いてあって。
つまりこれ、ほとんど処分するもの。
箪笥などの家具も、古いものはほとんど処分です。まあ、もともと安物ばかりでしたが。

そして、キッチンだけまだ運ぶものが残っていたとのことで、棚のこっち側が運ぶもの、という風に、母から聞いたとおりに業者さんに伝えて、箱詰めもやってもらってましたが。
キッチンのシンク&ガスコンロの下。自分ではあまり触りたくない状態。
いや、ある程度予想はしていたので、最悪の予想に比べたらまだマシな方でしたが。
引っ越し業者さん、これ毎日やってるのですかー
私が学生の頃、引っ越しのバイトもやってみようかと思ったことがあったのだけど、もし始めてても長続きしなかっただろうな。
ここにいる業者さんも、奥から出してきた箱を開けたら、食器は使えそうだけどまわりがちょっと、という状態になっていたりもしたので、そういうのは私が一旦ひきとって、庭の隅で食器のまわりのアレな部分を払い落としたり。
そんな感じで、キッチンのものをトラックに積んでもらって、あとは家具などの不要物をどんどん運び出してもらって。
処分する家具はもうその場でバラせる部分をバラして運び出してました。

そして、業者さんに頼む分の搬出が終わって。

a0041296_20501952.jpg
家具を運び出した後の部屋の汚さに唖然。
この部屋はこれでも比較的きれいな壁。

いや、こんなの見ると、やっぱり引っ越ししてよかったと思います。
でも、一応この家は賃貸なので、きれいに掃除して大家さんに返します。
タイヘンかもしれないけど、知るもんか。

このあと、運び残したものを自分たちで運んで、この日の引っ越しは終了です。
私もマンションの方へ向かいましたが、いやもう、自分の引っ越しのときとは桁違いに、モノで部屋が埋まっていましたよ。私の引っ越しなんてカワイイもんでしたよ。
こっちの部屋も、少しずつ箱を開梱して部屋らしくしていかなきゃいけません。
タイヘンかもしれないけど、手伝いません。
自分の部屋だって、また荷物が増えてるし。

さて、実家が引っ越ししたことで、私が高校生の頃から住んでいた実家とはサヨナラしましたが、もう既に家を出て一人暮らしをしていたせいもあってか、それほどしんみりすることもありませんでした。
そして、新しく実家になったマンションも、自分も3年半住んでいたところなので、実家という実感も多少持てる気がしています。

私も両親も、今後引っ越しすることはまず無いでしょう。

- 完結 -
[PR]
by annaworks | 2010-10-31 14:40 | 続・ひっこし顛末記

5.続・ひっこし番外編 実家の引越 上

両親が老後に住む小さなマンションを購入したにもかかわらず、今までの木造賃貸一戸建ての家に未練があってなかなか引っ越したがらず、一人暮らし満喫中だった私が代わりに留守番することになって半強制的に引っ越しをして(ひっこし顚末記)。

それから3年半後、父の仕事や私の仕事の兼ね合いで、また私がそのマンションをやや強引に出て二度目の引っ越しをして(続・ひっこし顚末記)。

その翌月。
ついに腹をくくって、両親もマンションの方へ引っ越してくることになりました。

段取りとしては、先に兄が私が使っていた部屋へ入り、兄が転勤から戻ってきた時に別室に積み上げていた自分の荷物を整理して一部屋に納め、それから両親がマンションへ引っ越し。
マンションは兄が留守番するのだから、急いで引っ越さなくてもいいだろうに、と思うのに、私が出てから一ヵ月半後には引っ越しを敢行していました。

しかし、あくまでも、両親が細々と暮らすために買ったマンションですし、ウチもそれほど裕福ではありませんから、お世辞にも広いとは言えません。
それに、兄が帰ってくるのは想定外だったわけで、狭いところに大人三人、かなりギュウギュウ詰めになることは必至。
前の家にあったものを全て収納する場所などとてもありませんから、引っ越しには本当に必要なものやどうしても捨てられないものだけを選んでマンションに運び、あとは処分せざるを得ませんでした。
ただし、父はさておき、母と兄は割とモノが捨てられないタイプで、不要なものもかなりあったようなので、むしろそれを処分するいい機会となったかと。

さて、そこで。
実家には私の所有物もまだいくらか置いてあったわけで。
普段は使わないけど、そのうち使うかも、あるいは記念に取っておくといった種類のもの。
これを私が捨てるか拾うか決めて、拾ったものは自分の住むマンションに引き揚げて来なければなりません。

自分の引っ越しはほとんど終えて、部屋もだいたい片付いてはいたので、こちらのマンションにあとどれだけ収納できるかをざっと見積もってみましたが。
いや、もともと、あまりたくさん持ち込めないことはわかりきっていたことで。
結局私も、同様に捨てられないものを選んで自分のマンションに引き揚げて、あとは処分です。

そして、取捨選択の末、小ぶりのダンボール11箱と袋一つ、また運びます。
この量だと、引っ越しとしては少ないけど、一つずつ宅配すると割高になります。
そこで、今回は赤帽に頼むことにしました。

一応、集荷依頼をした時間には私も実家へ行って待機、のつもりが、行ったら既にワンボックスが来てました。赤帽としても荷物が少ないからか、よく見る赤帽の赤いトラックではなかったのではじめ誰なのかわからなかった。。。
多分、赤帽から外注で請け負ってる人が来たのでしょう。
赤帽のおじさんに、コレ運んでくださいと指し示してお願いして、あとは母に任せて、私はすぐにまた、自分のマンションへとんぼ返り。

赤帽さんには、ついでに旧実家から新実家へ多少のモノを運んでらったりもしたのだけど、この日は道路がすいていたらしくて、電車で向かった私よりも荷物が先に着いてました。
台車で部屋まで運んでもらって、あっという間に終了。早かった。


a0041296_16594423.jpg

荷物を部屋に運び込んで、あまりにも邪魔だったらすぐ片付けなきやいけないところだけど、一応生活スペースは確保できているので、しばらくは積んだまま。
ちゃんと片付けるのは、もう少し暖かくなってから。
[PR]
by annaworks | 2010-10-31 13:29 | 続・ひっこし顛末記